メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

【きゅうり苦手の人必見!】家庭で簡単に試せる“苦み”を取り除く方法10選を紹介

きゅうりは夏にぴったりの野菜だが、特有の苦味が気になることが多い。その苦味を取り除く方法は意外と簡単で以下の10つの方法がある。

引用:sungsu han-shutterstock.com

①塩水に漬ける

塩はきゅうりの苦味を減らすのに効果的で、きゅうりを切った後、塩水に約30分間漬けるだけで良い。そうすると、塩水がきゅうりの水分を吸収し、苦味を取り除くことができる。

②砂糖を使用する

砂糖は塩とは逆の作用をする。苦味を包み込み、甘味を加える。きゅうりを切った後、砂糖を振りかけてしばらく置くだけで、苦味が消えて甘さが加わる。

③酢を利用する

酢はきゅうりの苦味を中和する効果があり、きゅうりを切った後、酢を振りかけて約10分間置くだけで苦味が消え、さわやかな味が加わる。

④皮をむく

きゅうりの苦味は主に皮にあるため、皮をむくと苦味が減る。皮をむいた後、きゅうりを使うだけという簡単な方法だが効果的だ。

⑤両端を取り除く

きゅうりの端は苦味が強いため、両端の部分を切り取ると苦味が減る。

⑥水につける

きゅうりを切った後、冷水に約30分間つけておくことで、水が苦味を抑制する。簡単だが効果的な方法だ。

⑦氷酢を使用する

氷酢は強力な酸性物質のため、きゅうりの苦味を取り除くのに効果的だ。きゅうりを切った後、氷酢を数滴落とし、5分ほど置くだけで苦味が完全に消える。しかし、氷酢を使う際には適量を使用する必要がある。

⑧熱処理

きゅうりを熱処理すると苦味が消える。きゅうりを沸騰した水に1分ほど漬けてから冷水で洗うだけで苦味が消え、食感が柔らかくなる。

⑨牛乳を使用する

牛乳は苦味を中和する役割を担うため、きゅうりを切った後、牛乳に漬けておくだけで約30分後には苦味が消える。

⑩玉ねぎを使用する

きゅうりを切った後、玉ねぎと一緒に置くだけで玉ねぎが苦味を吸収する。約1時間置くと苦味が消える。

このように、きゅうりの苦味を取り除く方法は様々だ。

塩、砂糖、酢、皮をむく、両端を取り除く、水につける、氷酢、熱処理、牛乳、玉ねぎなど、多様な方法がある。

きゅうりの苦味、これからは心配しなくても良さそうだ。

引用:Stock for you-shutterstock.com
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
出町拓也's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する