メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

東北地方でマグニチュード6.0の地震発生、津波の心配なし

人命被害に関する情報は現時点でなし

2日、午前4時24分に東北地方の岩手県太平洋沿岸で速報値マグニチュード6.1(その後、暫定値6.0に変更)の地震が発生したと、気象庁が発表した。

引用:聯合ニュース(気象庁ウェブサイト キャプチャ)

気象庁は、今回の地震による津波の恐れはないと説明した。なお、震源の深さは80キロメートルだと発表されている。

この地震により、岩手県の宮古市と久慈市、青森県の三沢市と八戸市などで最大震度5弱の揺れが観測された。震度5弱は、多くの人が恐怖を感じ、棚の食器や本が落ちてくる水準だ。

政府は全国瞬時警報システム(Jアラート)で緊急地震速報を発布した。

NHKなどが報じたところでは、地震による人的被害は現在のところないとみられている。

宮城県にある東北電力の女川原子力発電所などの原子力発電施設にも異常は発生していない。

線路の損傷などもなく、JR東日本は新幹線を始発から通常通り運行した。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ウィキツリー's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する