メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

国民の力党首候補「週3出勤と週2在宅勤務でハイブリッドワーク制を始めるべき」労働と生活の新しいバランス

引用=ニューシス

国民の力党首候補のウォン・ヒリョンが9日、「週3日だけ出勤して、2日は在宅勤務を並行する、いわゆるハイブリッドワーク制を開始すべきだ」と明らかにした。

この日、ウォン候補はSNSを通じて、「技術と産業が急速に変わる中、労働と生活様式も画期的に変わらなければならない」と述べた。

ウォン候補は、「出勤は日常的な概念として定着しているが、出退勤の準備から通勤時間、住居負担などは大きな物理的制約となっている」とし、「これは首都圏の過度な密集化、交通渋滞などの社会問題だけでなく、仕事と生活の両立の困難さが超低出生率の根本的な原因となっている」と指摘した。

特にウォン候補は、「出勤のコストを削減するだけでも、無数の社会問題を解決できる」とし、「社会的合意が可能であれば、週3日出勤制度で国家の労働パラダイムを変えることが皆にとって互いに利益になる」と強調した。

ウォン候補は、「実際、アメリカのIT、メディア、金融、保険業などの事務職はほとんどが100%在宅、またはハイブリッドワークを採用しており、全体の企業を通じてリモートワークの割合は61.5%に達している」とし、「韓国も新型コロナウイルスの状況を経験しながらリモートワークが生産性低下に直結しないことを確認したため、当時不十分だった部分を改善することを前提に週3日出勤制度の導入議論を開始できる」と説明した。

またウォン候補は、「週3日出勤制度は未来ではなく、現在だ。全国民の仕事と生活の両立を始める時だ」とし、「党政の信頼を基に、国家の未来の基盤となる重要課題を議論と審議を通じて解決する有能な党首になる」と付け加えた。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
川田翔平's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する