メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

重度の知的障害を持つ女性に対してむりやり売春を斡旋し巨額の報酬を搾取した男たちに実刑判決

韓国で知的障害を持つ女性に対して売春を斡旋し、その対価を搾取していた30代の男2人に実刑判決が言い渡された。

引用:Newsis/清州地方裁判所

清州(チョンジュ)地方裁判所刑事6単独(チョ・ヒョンソン部長判事)は10日、売春斡旋等の行為の処罰に関する法律違反(売春斡旋等)の容疑で起訴された30代のAに対して懲役4年、同じくBに対して懲役3年の判決を下した。

2人は2021年10月から約2年間、重度の知的障害を持つ女性2名をだまし、チャットアプリを通じて600回以上にわたり売春を斡旋し、報酬として約8,000万ウォン(約940万円)を搾取した容疑で起訴された。

Aが犯行全般を主導し、売春の過程で被害女性と男性客との間で起こる問題などを解決する役割を果たし、Bは被害女性たちを約束の場所に連れて行く役割を果たした。

彼らは被害女性たちが売春を拒否しようとすると、「売春の事実を通報し、刑務所行きにしてやる」といった脅迫メッセージを送り、売春を続けさせた。

引用:Pixabay*事件とは一切関係ありません。

裁判部は「精神障害により判断力が不足している被害者たちを相手に売春を斡旋する被告人たちの犯行は非常に悪質だ。被害者たちは被告との合意を極力拒否し厳罰を求めている。犯行期間も長期間にわたり、被告人たちが搾取した報酬の規模も大きい」と判決の理由を述べた。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
アイニュース24's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する