メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

気候変動の影響か?カリブ海に現れたカテゴリー5のハリケーン「ベリル」に気象学者が警告

「前例がない。これはあり得ない。今後カテゴリー6というランクも表れるかもしれない」

気候科学者たちは、最近ハリケーン・ベリルがカリブ海とテキサスに与えた影響に驚いている。イギリスのメディア「ガーディアン」は、最近ベリルに関する報道で「急激に上昇した海の温度の影響で、これからベリルよりも強力なハリケーンが表れる可能性がある」と警告した。

カテゴリー5ランクのベリルによる停電は、200万人以上の市民を苦しめた。時速265キロという驚異的な速度でカリブ海に上陸し、壊滅的な被害をもたらし、11人の命が失われた。

アメリカ国立海洋大気庁(NOAA)が撮影したハリケーンBeryl。/引用:NOAA

大西洋の「ハリケーンシーズン」は6月~11月である。現在まで強力なハリケーンは、ほとんどが9月に発生していた。9月が該当地域の海水温が最も高いためである。しかし、今年は状況が一変した。ハリケーンシーズンの初期である6月に「カテゴリー5」のハリケーンが発生したのである。

ベリルが小さな嵐からカテゴリー4ランクまで悪化した時間は、わずか2日だった。つまり、エネルギーを急速に吸収したということである。気候専門家たちは「ベリルが急に強力な嵐に悪化した理由は、異常に高い海洋温度が原因である」とし、「加熱された海水が10日間嵐に追加エネルギーを供給した」と分析した。

ブライアン・マクノルディ(Brian McNoldy)マイアミ大学の気候科学者は、ガーディアンとのインタビューで「6月にベリルが現れたことは前例がない」とし、「気候変動に影響される海洋温度により、このような激しい嵐が発生する可能性はさらに大きくなった」と説明した。

中央アメリカからアフリカまで続く熱帯大西洋の一部は、主要な発生地域であり、ほとんどのハリケーンがここから発生する。マクノルディ教授は「北大西洋全域では、先月の気温が平年より高かった」と述べた。

マクノルディ教授は「ベリルは今後のハリケーンシーズンに恐ろしい兆候である。今回のような強力な嵐は、最後の嵐ではないはず」と予測した。

ガーディアンは彼らのインタビューを伝えながら、「気候変動がハリケーンの総数を必ずしも増加させるわけではないが、気候科学者たちは、嵐がより速く強くなり、より遅く移動する」と付け加えた。

一部の科学者たちは、このような状況で、これから時速308キロ以上の嵐に「カテゴリー6」という分類を追加すべきであると主張している。現在は1~5ランクに分類している。

セレステ・サウロ(Celeste Saulo)世界気象機関(WMO)事務総長は「一度(海の)変化が始まると、短ければ100年、長ければ1000年に渡って続く時間を取り戻すことは不可能に近い」と述べている。

現状が続くだけでなく、さらに悪化する可能性があるという警告だ。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
アイニュース24's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する