メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「過激だと波紋を呼んだ歌詞」…その後、しばらくの間「活動休止」を決めたガールズグループとは?

(G)I-DLEが新曲リリース
新曲「Super Lady」
「セルフプロデュースグループ」として実力発揮

Youtube@(G)I-DLE (Official YouTube Channel)

新曲「Super Lady」を通じて華麗な姿で現れた(G)I-DLE(ジー・アイドゥル)。

昨年の6thミニアルバム「I feel」で音楽の新しいカラーを披露した(G)I-DLEは、新曲「Super Lady」を通じてまたも大きな波紋を呼んだという。

(G)I-DLEの2ndフルアルバム「2」(Two)の予約注文量が180万枚を突破し、自己新記録を更新したということで、新曲リリース前から人々の期待感は高まっていた。

今回の新アルバムで(G)I-DLEは全曲の作詞・作曲に参加して「セルフプロデュースグループ」らしく彼女たちの実力を発揮し、また2ndフルアルバム「2」のタイトル曲「Super Lady」は、この世のすべての「Super Lady」に伝える曲だと語った。

CUBEエンターテイメント

今回の新曲を通じて(G)I-DLEは「2」「1」「0」という3つのコンセプトを披露するという。

特に、カリスマ性が際立つブラック衣装、斬新なシルバールックに真っ白なファーを組み合わせたスタイリング、シルエットが際立つ魅惑的な姿という3つのコンセプトを繰り広げ、さらに大胆な姿で現れた。

これまで(G)I-DLEが見せてきた姿より、今回のアルバムのコンセプトは固定観念を打ち破って自分たちでトレンドを作り、確実に破格的な姿を披露したのだ。

一方、(G)I-DLEの2ndフルアルバム「2」は、誰もが共感する物語を5人のメンバーならではの方法で解き明かしたアルバムだという。

数字「5」をひっくり返すと「2」になるのと同じように、その裏側に隠された意味と彼女たちの無限のエネルギー、そして音楽的な堅固さまで盛り込んだ完成度の高いアルバムとして誕生した。

(G)I-DLEの2ndフルアルバム「2」は29日6時に各種オンライン音源サイトを通じて公開された。

一方、最近(G)I-DLEは新曲発表と同時に歌詞の過激性論争に巻き込まれた。さらにミンニとウギが突然体調不良を訴え、新曲リリースにおける活動に支障をきたし、しばらくの間活動を休止するという決断を下したという。

+1
1
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する