メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

精子提供者の乱用による衝撃の実態…異母兄弟姉妹が衝撃の700人超え!何百回も提供した男性の事例と近親相姦リスク

オーストラリアで精子提供の管理が疎かになっており、さまざまな問題が起きている中、ある男性が自身の精子を何百回も提供した事例が確認された。

最近、オーストラリアの「ABC放送」は、幼少期に母親から自身が精子提供を受けて生まれた子だという事実を聞かされたキャサリン・ドーソン(34 歳)という女性について報道した。

ドーソンは、母親が体外受精を受けたクリニックから、父親のことを「健康で、寛大で、優しい人」とだけ聞かされ、生物学上の父親のことは知らなかった。

しかし、2009年に母親が亡くなった後、彼女は自身がオーストラリアにある、2つの大手不妊クリニックと関連した事件の被害者であることを知った。彼女の生物学上の父親がそのクリニックを含むいくつかの不妊クリニックに長い間、精子を提供していたことが明らかになった。

彼女は2015年に提供者を探すカンファレンスに参加し、自身に非常に似ている若い女性に出会った。二人は精子バンクでそれぞれ与えられるドナーコードが一致しなかったため、最初は姉妹ではないと思っていた。しかし、1年後ドーソンはDNAの登録をし、家族を探すサイトを通じて、カンファレンスで出会った女性が姉妹であることを知ったと伝えた。

そして翌年には別の女性も姉妹であることが確認された。3人は生物学上では同じ父親だが、それぞれ異なるドナーコードを持っていたため、ドーソンはそれぞれのドナーコードを基に異母兄弟姉妹を探すことを決意した。

彼女は「(生物学上の父親は)私がもらった名前を含む7つの名前を使っていたようだ」とし、「さらに10つのクリニックに行けば、私の異母兄弟姉妹は最大700人にもなり得る」と述べた。

強引な主張にも思えるが、実際にドーソンは合計56人の異母兄弟姉妹を見つけ出したという。彼女が生まれたビクトリア州を含む南オーストラリア州、クイーンズランド州、さらには海外にも異母兄弟姉妹が広がっていた。

ABC放送によると、1970年代から1980年代のオーストラリアでは、精子を提供するたびに10豪ドル(約1000円)を支払っていたが、これを悪用して複数の名前を使いながら何百回も精子を提供した人たちがいると確認されたとのことだ。

精子提供者が減少したため、不妊クリニックが1人の精子を何度も使用したケースもある。問題は、人々が自身の異母兄弟がどこにいて誰なのかを知ることができず、近親相姦が発生する可能性が高まっていることだ。

また、遺伝性疾患の問題もあると指摘されている。ドーソンは自分の異母兄弟姉妹を探している最中に、一部の人から大腸癌や統合失調症などの遺伝性疾患が確認された。

彼女はこの事実を異母兄弟姉妹に共有し、「このことを伝えるのは私の役目ではないが、診療所は何も言ってくれないだろう」と述べた。

その他にも、疎かな管理により1人の精子を使用して複数の子供を産んだが、実際にそのうち2人の子供には血縁関係がなかったことが判明した事例もあった。

これらの問題があとを絶たないことから、オーストラリアでは州政府を中心に管理監督を強化している。

クイーンズランド州では、2020年以前に凍結された何千個の精液サンプルを破棄するよう命じ、州政府レベルで提供者を管理する情報登録所を設立する法案を導入する予定だ。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
etnews's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する