メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「アイテープの危険性」について女性スターが語る…今すぐやめましょう!

景甛のウェイボー、SNS
景甛のウェイボー、SNS

中国女優の景甛(ジン・ティエン)が二重まぶたの手術を告白しながら、過去にアイテープを貼っていたことを後悔していると明かし、話題になっている。

13日(現地時間)海外メディア「中国日報」は、中国で大きな人気を得ている女優の景甛の過去写真を公開し、二重まぶたの手術に関する過去の景甛のインタビュー内容を報じた。

最近、SNSのWeibo(ウェイボー)にアイテープを貼っていた頃の景甛の過去と現在を比較した写真が公開された。

以前、景甛は「ハリウッド作品の撮影当時、西洋的なイメージを作り上げるためにアイテープを貼ったことがある。しかし、それによりアレルギー反応が起こり、二重まぶたの手術をすることになった。とても後悔している」と二重まぶたの手術の事実を告白し、「二重まぶたの手術後は傷跡がひどくなった。まぶたがすごく腫れて、『自分で自分をこんな風にしてしまった』と思った」と、手術後も治らなかったアレルギー反応について語った。

彼女は手術後、憂鬱感に陥ったと告白し「二重まぶたの手術後、私の目は悲しいカエルのような目になってしまった。今は良くなったが、まだアイクリームとアイマスクでケアを続けている」と付け加えた。

景甛の過去写真を見た中国のネットユーザーたちは「アイテープを貼っていた頃は、二重がとても濃かった」「昔も今も変わらずきれい」「今も傷跡が残っているようだ」などの反応を見せた。

一方、景甛は2012年に公開された映画「影の恋人」で韓国俳優のクォン・サンウと共演したことがある。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
TVレポート's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する